私のマストアイテムのアフターピル!私の譲れない性活

避妊と中絶

避妊にもしも失敗をした可能性がある場合は、妊娠する危険性が生まれてしまうので、中絶の手術を行わないといけません。後悔しないために正しい決断を強いられるものなので、どうするかは2人でちゃんと話し合って決めることが必要です。ここでは中絶をするために重要なことをご紹介していこうと考えています。
まず一つ目はパートナーと話し合って、2人で納得した答えを見つけるというものになります。二つ目は妊娠してしまった事実を、自分が心から信用している人に話して、精神的な支柱になってしまうというものになります。三つ目は当然ではありますが、お金を用意しておくというものになります。ただで出来るものではなく、お金はかならずかかってしまうということも覚えておいてください。病院によって必要なお金は変わってくるため予め確認しておきましょう。四つ目は堕ろすことが可能な週なのかもきちんと把握しておくというものになります。もしも堕ろすことが不可能な週になっていた場合だと産むという選択肢しかありません。五つ目は自分でこの決断をして良いのか納得しているかになります。迷っている場合だと後から後悔するかもしれませんし、後悔してからでは遅いのです。
妊娠をしたのではないかと思っている場合は早いうちに病院などで診察をしてみることが大切です。診察の方法は複数あり、市販の妊娠検査薬を使う方法と病院で確認してもらう方法もあります。市販のものを使うのは不安だという方もいらっしゃるでしょうが、最近のものはかなりの精度になっているため信用しても構いません。ですが市販のものを利用する場合は調べる時期によって結果が正しく出ない可能性があるため、使う時期をずらして何回か検査をする必要があります。病院で診てもらう場合は問診後に尿検査か超音波検査を受けることがほとんどです。この時は保険が適用されないので、自費となることも把握しておいてください。堕ろす手術をする時は、初期の状態であれば入院することはないでしょう。半日程度で手術自体は終わることが多いため、時間的な問題を考えている場合は、気にしなくても大丈夫です。
手術を行ってから気を付けて欲しいことは一週間程度は体を大切にしてゆっくりと休息をとるというものです。運動や力仕事などは出来るだけしないようにしてください。手術を行って2週間ほど経過すれば、排卵か月経が起きます。
万が一のことが起きて後悔しないためにはやはり避妊をきちんとしていくことが重要です。コンドームを着用したり低用量ピルを利用したりしていきましょう。その他に、もしものときはアフターピルを使ってみるという選択肢も視野に入れておくべきです。